本文へスキップ

SERVICE&PRODUCT家元 二代目 小田島徳旺

Second generation Tokuou Odashima
 
  10歳から民謡三味線を学んだ後
初代小田島徳旺に師事。
津軽三味線を本格的に学ぶ。
平成8年、二代目小田島徳旺を襲名した後は、独自の指導手法を考案し、この指導法により多数の門下生を各大会で入賞させている。
特に子供たちの育成に注力し、
平成19年に行われた津軽三味線全国大会では
高校生までのメンバーだけで作った
    “小田島流ジュニア”
を一般の部に出場させ、成人の団体を退けて見事、日本一に導いた。
そして、同大会では平成22年まで4連覇の実績を持つ。

その小田島流ジュニアからは
現在プロとして活躍中の「浅野祥」をはじめ若手の津軽三味線奏者を多数輩出している。
 
       ~おもな経歴~
1996年 二代目小田島徳旺襲名
1996年 長寿番組
      「クボタ民謡お国めぐり」
      レギュラー伴奏を担当
        (2011年放送終了)
1999年 郷土民謡全国大会器楽合奏
       優秀指導者賞受賞
2008年 洞爺湖サミット
      レセプション出演
2009年 秋田民謡全国大会三味線部門
      秋田荷方節で
      初代チャンピオンとなる。
 


家元が秋田民謡全国大会三味線部門で初代チャンピオンとなった「秋田荷方節」
その技術は若手にもしっかりと受け継がれています





ナビゲーション